キャッシングおすすめ。今すぐお金借りたい時は金利が安く即日融資で!

スマホ一台で即日キャッシングができるって知ってた?

今すぐお金を借りたい、そんなときに書類を書いて郵送して……そんな手間はもう不要です。 あなたが持っているスマホ一台あれば、それだけでキャッシングの申込、審査、契約、キャッシングまでできちゃうんです!
いや〜すごい時代になりましたね♪
さらに、いちいちログイン等をしなくても気軽に利用できる会員専用アプリなども今はとっても充実しています。

そこで、スマートフォンだけで申し込めるキャッシングローンのオススメや、具体的な借り方まで紹介していきます♪
お金を借りたくて迷っている人はぜひ一緒にやってみてください。
所要時間はわずか15分ほど♪とっても簡単ですよ。

スマホでお金を借りるために用意するもの

申込の入力に必要なものを最初にきちんとそろえておきましょう。 とはいえ、必要なものは全部で基本的に2、3点だけです。

スマートフォン(アンドロイド・iPhone)

スマホは、アイフォンでもアンドロイドでもどちらでもOKです。 いつも使用しているものを使ってしまいましょう。
また、パソコンでも同様に手続きできます。
昔は郵送やFAXで送っていた、身分証明書などの提出も、スマホのカメラで撮影するだけととっても簡単になりましたよ!

身分証明書

身分証明書として使用できる書類を一覧にしました。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード

これらに共通するのは、どれも公的証明書として公的に発行された氏名・住所・生年月日・顔写真付きの証明書であるということです。
上の証明書はすべて、それ1枚単独で身分証明として使用することができます。
健康保険証は、それ単独で、身分証として使用できる場合とできない場合とが会社によって分かれるので注意してくださいね♪
また、期限切れの書類は使用できません。

ただ、1点注意したいのが、現住所と証明書に記載の住所が異なる場合です。
引っ越しのタイミングによっては、まだ証明書の住所が現住所に切り替わっていないことがあるはずです。
その場合は、以下の書類を追加でアップロードすることで、現住所の証明をすることができます。

  • 公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

公共料金の領収書には、一般の会社が発行する携帯会社の領収書や、プロパンガス会社の領収書などは使用できません。
また、住民票・印鑑証明書は取得してから6か月以内のもののみが利用できます。
健康保険証しかない場合も、これらの書類の提出を併せて求められることがありますよ。

50万円以上借りたい人は、所得証明書も用意しよう

借入希望限度額が、単独で50万円以上、もしくは、他社からの借り入れを併せて100万円を超える場合は、必ず所得証明を提出する必要があります。
これは、貸金業法という貸金業者に課せられる法律で定められており、原則として必須です。

所得証明書は、ふだんふつうにサラリーマンとして働いているとあまりなじみがない書類かもしれません。
その名の通り、前年度の所得を証明する書類のことで、いくつか種類があります。

  • 会社が発行する源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 確定申告書
  • 前年度住居のあった市区町村が発行する課税証明書

一番身近なものは源泉徴収票でしょうか。
しかし、紛失や破棄していると、源泉徴収票は再発行に時間がかかったり、会社によってはスムーズに対応してもらえないこともあります。
給与明細書は直近2か月分が用意できれば問題ありません。

課税証明書は区役所・市役所・町役場などで発行することができます。(要書類発行手数料)
平日の17:00までに役場に行ける人は、即日発行も可能です。
必要なのは前年度分の書類です。
必ず、前年度の住所があった市町村に問い合わせをしましょう。

もし、いずれの書類も準備が間に合わない、という場合は、所得証明が不要な49万円以内で限度額を申請するといいですね♪
しかし、収入状況や勤続年数、他社からの借り入れ状況によっては、50万円未満であっても、提出を求められることがあります。

 


書類の準備が整ったら、後は申し込むだけです♪

iphoneなどのスマホのインターネットだけで、申し込みから融資までOKなのは……

とはいえ、どこでもスマホだけでお金が借りられるというわけではありません。
スマホでの即日融資に対応しているのは、おもに大手消費者金融ということになります。
そこで、たくさんの人がスマホでキャッシングを成功させており、かつ口コミやレビューで人気な消費者金融をランキングにしてみました!

おすすめスマホ申込対応キャッシングローン4選



貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 パート、アルバイトでも融資が可能
女性に人気のアコムには、レディースアコムという女性専用のコースも。
楽天銀行に口座を持っている人は、24時間ネットキャッシング振込が可能で、使い心地もバッチリ!
ユーザーサポートが充実しているので、キャッシングローンがはじめての人には特にオススメ。
街中の自動契約機(むじんくん)でカードを発行したい人も、とにかく設置台数も多く、地域を選ばず日本国内どこにいても見つけることができます。
金利や無利息期間は平均的なものの、デメリットがないため、だれにでも使いやすい消費者金融です。

【特徴】
・3秒で自己診断が可能
・アルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要!WEBで手続き完了




貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス! (※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
最高金利がやや低めに設定されているため、少額融資(50万円未満)で長期間借りたい人には特にオススメできる消費者金融。 さらに、プロミス独自の「瞬フリ」というネットキャッシングは、ジャパンネット銀行と三井住友銀行の2社提携。
どちらかの銀行口座を持っていれば、土日の夜でも直接お金を振り込んでもらえます。
借入にはゆうちょ銀行ATMも使えるため、全国の地方で大変便利。
セブン銀行ATMなら、スマホを使えばカードなしでも借入・返済が可能です。
【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート



貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で本審査完了!
1分1秒も惜しい!超お急ぎで借りたいなら「お急ぎ審査」が可能なアイフルが最強。
インターネット審査に申し込み後、フリーダイヤルにお急ぎ審査の旨一報を入れるだけで、優先して審査をしてもらえます。
家族にバレずにカードを受け取りたい人にも最適な、時間帯・曜日指定ができるのも魅力。
【特徴】
・女性専用フリーダイヤル完備!
・1秒診断で事前の自己診断で審査時間短縮。
・審査〜契約まで来店不要で即日融資が可能



貸付利率 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜14:50 WEB完結申込でスピーディーに即日融資!
三井住友銀行グループのSMBCモビット。銀行名がついている安心感がありますね!
限度額が頼れる800万円と高めに設定されているため、大人の困ったトラブルにも対応できると人気です。
ただし、無利息期間がないため、借りたその日から利息が発生する点は注意。
30日間無利息がいい場合は、1位〜3位をおススメします。
【特徴】
・10秒簡易審査
(10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)
・「WEB完結」申込で利用開始までがスピーディー
(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座がある場合)
・14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。


キャッシングアプリを活用しよう!

ランキング4選に共通するポイントのひとつが、”専用アプリ”があるということ! このキャッシング専用アプリの有無で、キャッシングの使い心地や便利さが全く違ってくるんです。
アプリでは、たとえばこんなことが可能。

  • 面倒な書類の提出は撮影した写真をアップロードでOK
  • 明細のチェック
  • Q&Aなどの疑問を確認
  • 公式への問い合わせ
  • ネットキャッシングの依頼・申請

こういったサービスは、以前ならパソコンで毎回面倒なログインを経たり、コールセンターにわざわざ電話して依頼しなくてはなりませんでした。
それが、アプリ一つですべてまかなえるようになっています。
アプリは、iPhoneやandroidどちらでも使用できますので、使用できなくて……なんてこともないはずです。

実際の手続きの流れ

今回は、わたしもオススメのアコムで実際に申し込む流れを説明していきますね♪
わたしはすでに契約済みなので、今回はデモということになりますが、流れはまったく同じです。
やり方がよくわからない、という人は、ぜひ一緒にやってみてください!

アコム公式サイトへ移動する

申込は、一括してアコムの公式サイトから行います。
→→http://www.acom.co.jp/



スマホで申し込む場合は、必ずWEB完結を利用することになりますので、公式サイトからがマストです。

まずは簡易診断をしてみよう!

事前診断、簡易診断をまずはやってみることをおススメします。
アコムの場合は、「3秒診断」という名目で実施されていますね。



2つある大きな申込ボタンの下のほうをタップしましょう。

入力する項目はわずか3つ。
「年齢・年収・他社からの借り入れ状況」だけです。
ここは本審査ではないので概算で大丈夫ですが、ウソの年収を入力してしまうと正しい結果を知ることができません。
審査を見越して、正しい年収(税込み)を入力してくださいね♪





どうやら借入ができる見込みが高そうです!
このまま、本審査に進みましょう。真ん中の審査へ進むボタンをタップします。

審査内容をどんどん入力していこう

では、さっそく本審査の中身をどんどんフォームに入力していきます。
ちょっとめんどくさく感じるかもしれませんが、10分もあれば大丈夫なハズ。
さらに、yahooアカウントを持っている人は、自動的に登録内容を反映させることもできます。



「名前・生年月日・性別」



「独身既婚・メールアドレス・電話番号」



「住所・住居種類」



「入居年月・家賃住宅ローン・家族人数」

ここまで入力できたら、次へ進むをタップ!

会社情報や年収を入力



会社の電話番号を入力すると、会社住所や社名を検索して表示することができます。
会社の規模や登録状況によってはヒットしないこともあるかもしれません。
その場合は、少し面倒ですが、手入力していきましょう。



従業員数や事業内容など、意外と細かく聞かれます。



「勤務形態・職種・収入形態」



「収入(税込み)・給料日・保険証の種類」
もうあと一息ですよ♪



「他社からの借入限度額・希望限度額・暗証番号」



最後に、これまで入力した内容を確認して、間違いがなければ、申し込みを完了させておしまいです♪

審査受付完了メールに記載のとおり、アプリで画像をアップロードする

審査内容を送信すると、折り返しアコムから審査に必要な書類の提出方法が指示されます。
主に、提出方法は、アプリを利用することが多いはずです。
お使いのスマホで、iPhoneならAPPストアから、アンドロイドならGoogleストアからダウンロードしましょう。
もし、スマホが不調で使用できない場合は、画像をサイトに別でアップする方法もあります。

写真を撮影するときは、証明写真に影がかかったり、ボケたりぶれたりしないように気を付けて撮影します。

職場に在籍確認の電話が入る

入力した電話番号あてに、アコムから在籍確認の電話が行われます。
会社に消費者金融から電話がくるなんて……と不安に思うかもしれませんが、安心してくださいね♪
絶対にアコムか(消費者金融)からとはわからないよう、社名を名乗らず、個人名で電話がかかってきますので、同僚にバレる不安はありません。

ただ、もし職場がお休みの場合(土日や夜間など)に申し込んだ場合は、要注意!
申し込み後、何もせずにほおっておくと、在籍確認がとれなかったと判断され審査に落ちてしまうことがあります。
そのような場合には、コールセンターにその旨を相談してみてください。
確認を後日に回し、とりあえず低額の融資をとおしてくれることもありますし、給与明細などで在籍確認を行ってくれる場合もあります。
諦めずに相談してみる、放置しない!ということが肝心です♪

審査完了!

審査が終わり、無事に通過できたら、再度メールでその旨連絡が入ります。
そうすれば、あとはもうキャッシングするだけ!
自分の口座にふりこんでもらうネットキャッシング(振込キャッシング)を利用するのもよし、カードを発行してコンビニなどの提携ATMやCD(キャッシュディスペンサー)でお金を引き出すも自由自在です。

実際にスマホでお金を借りてみた!

管理人も、スマホをつかってお金を借りたことのあるひとり。 わたしはアルバイトなので、審査に通るかはとてもとても不安でした……。
勤続年数もギリギリ2年程度と、お世辞にも長いとは言えない状況でした。

じつは、銀行系カードローンにも申し込んだのですが、そちらは審査落ち(^^;)
ダメかな!?と思いましたが、正直に入力したら、無事に審査に通過することができました。
キャッシングの世界では、銀行系カードローンより消費者金融のほうが融資がとおりやすいというウワサがありますが、わたしはあれはかなり信ぴょう性があると思っています。

手続き自体は30分ほどで終了、ちゃんと予定どおりに1時間以内に振り込みまで完了させることができ、心配していた支払いに間に合わせることができました♪
わたしはクレジットカードの使い過ぎで引き落としがピンチで困っていたのですが、キャッシングでなんとか食いつなぐことができたのです。

もし、これからお金が足りなくなりそう、引き落としができなくなりそう、という人は、絶対にそうならないうちにキャッシングに申し込んでおきましょう!
なぜなら、引き落とし不可、延滞のような金融事故を起こしてしまうと、キャッシングの審査にも通らなくなってしまうからです……。

キャッシングは、今やとっても身近なものになりました。
今手にしているスマホやパソコンだけで申込でき、所要時間もわずか1時間です。
ぜひ迷っている人、困っている人は早めにお金を借りる準備をしておきましょう♪