キャッシングおすすめ。今すぐお金借りたい時は金利が安く即日融資で!

即日融資を受けたい人が絶対に今すぐやるべきこと3つとは?

今すぐお金が必要!そんなお急ぎでお金を借りたい人が絶対にやっておきたいこと、守っておきたいルールを解説しています。
最近では、銀行系カードローンや、大小、有名無名問わず、消費者金融でも「即日融資」はトレンド
どこでも即日融資ができるのでは?と感じてしまいますが、これは間違い!
間違った借入先を選んでしまったり、申し込み方法を誤ると、即日融資が叶わないだけでなく、思わぬトラブルにみまわれることも。

 

「これさえやっておけば、即日融資は安心!」
そんな即日融資キャッシングの条件をわかりやすく見ていきましょう♪

 

→→お急ぎでランキングを見たい人はコチラ!!←←

 

そもそも、即日融資っていったいどういうこと?

即日融資とはすなわち、申し込みから融資までがその日の内に完結できるということ。
注意したいのは、どこの貸金業者でも即日融資可能!と書いてあることが多いですが、これは絶対ではないということ。
実際は即日融資の条件がかなり厳しく、ほとんどの人が即日では借りられない、なんて貸金業者も多く存在します。
ですから、まず大前提として一番大事なのは、

 

「即日融資に強い、即日融資で借りられている実績が多い貸金業者を必ず選ぶこと」!

 

コレに尽きます。

 

ほとんど審査なしで貸してくれる……そこは闇金の可能性が高い!

しかし、「ウチは間違いなく審査も無しで即日融資しますよ〜!」なんていう消費者金融などからは絶対お金を借りないでください!!

キャッシングやカードローンは借金です。
法律にのっとって経営・運営されている会社なら、借入に際し必ず審査を行っています。
無審査で即日融資なんてありえません。

 

それ以外は間違いなく、高利貸しなどの闇金・ソフト闇金と呼ばれる違法業者です。

 

誰でも借りられる、そんな甘い言葉の裏にはとんでもないワナが隠れていることを忘れてはいけません。
闇金と聞くと、とんでもない高金利や恐喝まがいの取り立てのイメージがあると思います。
しかし、トラブルはこれだけではありません。
利息分しか返済させないことによる延々と続く搾取、個人情報を売られて怪しいところから電話が鳴りやまない、家族や会社に借金をばらされてしまう、など、人生がめちゃくちゃになってしまうこともあるんです。

 

  • 自身に収入がない専業主婦や無職でも身分証明書だけで借りられることを謳っている
  • CMや電車広告で見たことがない会社だ
  • 金利(利息の計算のもとになる%)が公表されていない
  • 過去の返済遅延や、返済未納、踏み倒し、債務整理、自己破産などの金融事故があっても貸してくれる

 

これらはすべて、借りてはいけない貸金業者のサインです。

 

では、即日融資で、しかも安心してお金が借りられるのはどこなのか?
それをこれからご紹介していきます♪

 

即日融資キャッシングに強いのは大手消費者金融!

お金を借りられるところは大きく分けて3つあります。

 

  1. 銀行(銀行系カードローンやフリーローンなど)
  2. クレジットカードのキャッシング(信販系)
  3. 消費者金融のキャッシング

 

この中で、圧倒的に即日融資に強く、利用者も多いのが「消費者金融のキャッシング」です。
でも、なんとなく消費者金融ってイメージが悪くて、怖いと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで利用したいのが消費者金融の中でもオススメできるのは大手の会社です。
CMや広告などで大々的に宣伝している消費者金融のバックについているのは大手銀行です。
不正な利息をとったり、違法な取り立てを行ったりという危険はゼロで安心して利用できます。

 

消費者金融は、銀行と違い、夜間や土日祝日、祭日でも申し込みを受け付けているのでなんといっても申込から融資までが早い!
今は、最短で30分、1時間以内で実際にお金を引き出すことも可能になっています♪

 

なぜ銀行やクレジットカードのキャッシングは即日融資にむいていないの?

実際、銀行系カードローンや、クレジットカードのキャッシングでも即日融資は不可能ではありません。

しかし、消費者金融のキャッシングに比べて、審査も厳しいですし、また、審査の受付自体も限られています。

 

さらに、審査にも時間がかかり、必然的に借入開始は遅くなります。

 

銀行系カードローンの場合

銀行系カードローンを利用する場合、基本的には該当の銀行に口座を持っていることが前提です。
そのため、口座を開設できる時間帯である午前9時から午後15時(金融機関により異なる)の間に申し込みを済ませておく必要が出てきてしまいます。
さらに、当日中にキャッシングでお金を入手するためには、その後の手続きにも時間がかかります。
つまり、銀行の営業時間内に、口座の作成やカードローンの申込、審査、契約などのすべてを終わらせなくてはならないのです。
そのためには、ほとんどの銀行で平日の午前中に申し込みをする必要がありますし、また店舗に行って手続きをしなくてはなりません。
忙しい社会人にとってはかなり厳しいハードルと言えそう。

 

クレジットカードのキャッシングの場合

すでに持っている自前のクレジットカードのキャッシング機能がついている場合は、じつはそのカードだけでもキャッシングが可能です。
そのカードを街中のキャッシュディスペンサー(通称CD)やコンビニATM,マルチメディア端末でも利用できるクレジットカードは多いでしょう。
しかし、クレジットカードのキャッシングは、銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングにはデメリットがあります。
まず、金利や手数料がとても高く、リボ払いに設定してしまうとリボ地獄に陥る可能性も。
また、キャッシング枠利用分はショッピング枠から減殺されます。
そのため、クレジットカードで生活費を支払っている人は、キャッシングをしてしまうと生活自体が厳しくなることも考えられます。

 

即日融資なら消費者金融で間違いなし!メリット・デメリットまとめ

というわけで、消去法でも、やはり消費者金融のキャッシングが即日融資にオススメでまちがいなし♪

ただ、ひとつ気を付けたいのが、そのぶん消費者金融はやや金利が高めという点。

 

金利が最も低いのは銀行系カードローン。
ですから、お急ぎでない人や、店舗で手続きをする時間がある、という人は、じっくりいつも利用している銀行のカードローンの利用を検討してみることもオススメです!

 

ただ、そのかわり、消費者金融には消費者金融だけの「無利息サービス」というお得なサービスがあるんです♪
これは、その名の通り、一定の期間本来なら元金に+して支払わなくてはならない利息(利子)が無料になるとってもありがたいサービス!
無利息期間中に返済しきってしまうことができれば、なんと一切利息は不要。
お給料やボーナスなど、まとめて返済できる金額を借りる場合は、むしろ銀行系カードローンよりもずっとオトクになることもあります。

 

 

即日融資実績多数!超おすすめの消費者金融ランキング

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 パート、アルバイトでも融資が可能

 

インターネットの申し込みが可能。自己診断もWEBサイトでできるので審査スピード短縮できます。アルバイトやパート、派遣社員でも安定した収入さえあれば申し込み可能。返済シュミレーションや利用状況の確認もインターネットで簡単にできるので便利です。
【特徴】
・3秒で自己診断が可能
・アルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要!WEBで手続き完了

 

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能! (※対象金融機関は200行以上あります。)店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

借入にはゆうちょ銀行ATMも使えるため、全国の地方で大変便利。
セブン銀行ATMなら、スマホを使えばカードなしでも借入・返済が可能です。
【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

 

貸付利率(実質年率) 窓口受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で本審査完了!

 

インターネットから申し込んで、その後フリーダイヤルに電話をすることで即日融資も可能な、「お急ぎ審査」がおすすめ!
振込みでの融資とカードでの融資、どちらでもその場の状況に合わせて融資方法が選べるのも便利。
※受付時間によっては振込みが翌営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用フリーダイヤル完備!
・1秒診断で事前の自己診断で審査時間短縮。
・審査〜契約まで来店不要で即日融資が可能

 

消費者金融を選んだら……即日融資のための申込方法鉄則3つ

無事に消費者金融が選べたからと安心するのはまだ早いかも!
いくら即日融資に強い消費者金融でも、申し込み方法を間違うと、融資が翌日以降になってしまうことがよくあるんです……。
そこで、わかりやす3つに分けて申し込みのポイントを予習しておきましょう♪

 

必ずWEB完結で申し込む!

即日融資に対応している申込方法は、各社WEB完結のみ!

 

WEB完結とは、インターネットから申し込みをして、キャッシングまでインターネットで全て終わらせるサービスのこと。
他には、電話や郵送による書類契約もありますが、これらはすべて郵送によるやりとりが発生してしまうため、5日ほど融資まで時間がかかってしまいます。

 

WEB完結では、スマホやパソコンのインターネットを使用します。
スマホの場合は、必要書類(身分証明書)の提出も、スマホで身分証の写真を撮り、アプリでアップロードするだけと最も簡単に手続きが可能です。
パソコンの場合も、デジカメなどで撮影した画像をサイトでアップロードすることができるため、コピーを撮ったりファックスしたりという手間もお金も不要ですよ!

 

WEB完結では、申し込みだけでなく、自分の口座にお金を振り込んでもらう「ネットキャッシング(振込キャッシング」にも対応しています。
これまで、即日融資には、当日中に絶対にカードを発行するために自動契約機や店舗に赴かなければなりませんでした。
しかし、自分の銀行口座やネット銀行の口座に直接お金が振り込んでもらえるネットキャッシングで、完全に自宅から出ずにキャッシングを行うこともできるようになったのです。

 

当日中に審査・振込が可能な時間に申し込んでおこう!

即日融資を謳っている消費者金融でも、何時に申し込んでも即日融資が可能というわけではない、という点に注意しましょう!

よく、24時間申込OKと書かれていることも多いのですが、これはあくまで「申込が可能な時間」
夜間・深夜の申込は、翌日の朝から審査が開始されることになります。

 

また、振込キャッシング(ネットキャッシング)を利用する場合も注意が必要です。
なぜなら、銀行の当日振り込み・着金が可能な時間は15:00までということがほとんどだから。
このように、利用したいサービスによっても申し込みの制限時間が異なります。
以下に一覧でまとめましたので、自分が当日融資を受けるために最低限守らなくてはならない制限時間をチェックしてみてくださいね♪

 

一般の銀行、提携ネットバンク以外へのネットキャッシングを利用したい場合

  • できればお昼の12時、遅くとも13:30分までに(以降は翌営業日着金)

 

提携ネットバンクへのネットキャッシングを利用したい場合

  • 遅くとも20:30時までに(24時間振込可能)

 

当日中にキャッシングカードを発行し、直接キャッシングしたい場合

  • 遅くとも20:30時までに(24時間コンビニATMなどから利用可能)

 

必要書類をそろえておこう!

キャッシング審査の申込のために必要な書類は多くありません。

必ず必要なのは身分証明書
運転免許証、個人番号カード、住基カード、パスポートなどの顔写真付きの公的機関で発行されたものなら、1枚で要件を満たします。

 

注意したいのが、健康保険証しかない場合です。
健康保険証のみでは、審査を受け付けていない消費者金融も多くなっています。
住所がのっている公共料金の領収書や、直近の給与明細などを追加で提出を求められることがあります。
保険証しかない、という人は、併せて提出できるものを用意しておきましょう!

 

また、50万円以上の限度額での融資を希望する人、もしくは他社からの借入と合わせて100万円以上の限度額で融資を希望する場合には、所得証明書類の提出を必ず求められます。
これは貸金業法という法律で定められているため、避けて通ることができません。
収入証明として使用できる書類は、源泉徴収票や課税証明書、納税通知書、確定申告書、給与明細など。
使用できる書類や部数が各社で異なることもありますので、申し込みの際は注意してみてください。

 

収入証明が用意できない場合は、限度額を30万円以下程度に設定しておくことをおススメします。

 

 

 

ここで紹介した3つのポイントを守っていれば、審査の内容さえ問題なければ、即日融資は難しいことではありません♪
しかし、やはり「審査に落ちてしまう」これだけは、どうすることもできません……。

 

即日融資だから審査が厳しい、なんてことはないので、安心してくださいね!
審査に落ちてしまう原因は大きく分けて6つです。

 

  1. 勤続年数が短すぎる
  2. 収入が借入限度額の1/3以上
  3. 他社からの借入が多すぎる
  4. 過去に金融事故がある
  5. 一度に複数社にまとめて申し込んでいる
  6. 虚偽の申告がある

 

この中で、はっきり言って1.〜4.は自力で対処することが難しいところ。
しかし、5.と6.に関しては、注意することで審査落ちを回避することができるかもしれません。

 

どうしても今日中にお金を借りたい、という場合、どうしても気が焦って複数の消費者金融に申し込みたくなります。
しかし、3社以上に同時に申し込んでいると、それだけで消費者金融から「怪しい!」とみられてしまい、審査に落ちてしまいます。

 

また、どうしても借りたいからといって、年収を高く報告したり、職場や勤続年数を偽っても絶対にいいことはありません!
もし万が一それで審査に通ったとしても、バレたら借りている分を一括で返済しなくてはならなくなったり、その後クレジットカードやローンの審査も通らなくなってしまいます。
銀行、消費者金融、クレジットカードの信販会社は、信用機関情報を閲覧しておりすべてつながっています。
ウソは必ずバレます。
絶対に審査に通りたい、そんなときこそ、自分の現状をありのままに報告しましょう。

 

振込キャッシングの注意点や利用方法をもっと詳しく!

今まで申し込みをインターネット上から行うことは可能でしたが、お金を振り込んでもらうためには、店舗まで行ってカードを発行してもらう必要がありました。

 

しかし、この振込キャッシングという方法が定着してからは、わざわざカードを発行してもらう必要もなくなり、キャッシングによってはカードは欲しい人だけが発行してもらい、それ以外は全て振込キャッシングでお金を借りるという方法をとっているキャッシングもあるほどです。

 

この振込キャッシングという方法は、店舗に行く手間を省くためだけでなく、色々な面で定着したサービスです。
では具体的に手続きはどのように行うのか、簡単にご説明いたします。

 

@自分の口座をキャッシングに登録しておく。
Aスマホやパソコンの会員サイトからキャッシングを申し込む。
B登録してある口座に振り込まれる。
C自分の銀行口座のカードなどでお金を引き出す。

 

つまり、自分の口座からお金を引き出すことで、キャッシングをしたのと同じ扱いになるわけです。
そのため、人目を気にすることもありません。
キャッシングのためのATMを探す必要もありませんし、わざわざATMまで出向く必要もありません。
いつも自分が利用しているATMで自分の口座からお金を引き出すだけなので、簡単で非常に便利です。

 

WEB完結で即日融資の落とし穴

こんなに便利なWEB完結の振込キャッシングですが、思わぬ落とし穴もあります。
急ぎの方は特に注意してください。
@振込の時間は15時までのところが多い
A対応していない口座もある
BWEB完結で申し込むと、手元にはカードがない

 

最も大きな落とし穴は、振込キャッシングは「振込み」を行うため、15時までしかお金を借りることができないところがほとんどです。
楽天銀行ジャパンネット銀行など一部のネットバンクでは、365日24時間対応しているところもありますが、それ以外の銀行口座の場合は15時までの対応です。
即日融資を希望していて、夜間や土日祝等の場合は注意が必要です。

 

また自分の口座が対応しているかどうか、先に確認しておく必要があります。
地方銀行等の場合は、振込キャッシングそのものに対応していない場合もありますので、キャッシングを契約する前に確認しておきましょう。

 

そして最後に、WEB完結で申し込みを行った場合、カードは後日郵送されてくるか、店舗に自分で取りに行かなければなりません。
手元にカードはありませんので、せっかく契約ができてもWEB完結にしてしまうと、翌営業日までお金を借りることができなくなってしまう場合もあります。

 

振込キャッシングでお金を借りようと思っている場合は、必ず自分の口座が対応しているか、振込キャッシングの受付時間は何時までなのか、を確認しておくようにしましょう。

 

ネットで即日融資の流れ

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 仮審査の結果がメールで届く
  3. 本審査用の書類を提出
  4. 本審査の結果がメールで届く
  5. 契約
  6. 会員サイトからキャッシング申し込み
  7. 契約書・カードの郵送

大まかにはこのような流れになります。
ここで、WEB完結やインターネット上での契約の場合に注意するポイントをいくつかご紹介します。

 

まず、審査結果のお知らせですが、こちらはメールまたは電話での受付が可能。
ただし、メールでの結果を待つ場合は、申し込みをした際のメールアドレスのドメイン受信指定をしっかり行っておく必要があります。

 

最近では、不明な差出人のメールはフィルターでブロックされたり迷惑メールとして扱われたりする場合があります。
メールが届かないと、審査結果をいつまでも待ち続けることになってしまいますので、メールアドレスは確実にメールが受け取ることができるアドレスを指定しましょう。

 

次に契約ですが、ここでWEB完結にすると手元にカードはありません。
振込キャッシングになりますので、対応時間を確認しておく必要があります。

 

もし、その日のうちにキャッシングをしたい場合はカードを発行しておいたほうが無難です。
契約まで来てからカードのみ自動契約機に取りに行くことも可能ですので、確実にその日のうちにキャッシングをしたい場合はカードを取りに行くようにしましょう。
それ以外の場合は、振込キャッシングにしたら後日1週間程度でカードが郵送で届くと思います。

 

振込キャッシングで即日融資するためのルール

基本的に振込キャッシングは、以下の条件を満たしていると利用することが可能です。

 

  • 自分の銀行口座が振込キャッシングに対応している
  • 振込キャッシング対応時間内である
  • 会員サイトを利用することができる

 

こうやってみてみると、契約さえできれば誰でも振込キャッシングは可能です。
今日は急いでいるのでカードでキャッシングをして、後々振込キャッシングを利用していきたいと思っている方はさほど気にすることはありませんが、即日融資で振込キャッシングを利用したい方は、上記の内容に自分が対応しているかチェックしておく必要があります。

 

ネットバンクの場合、24時間365日いつでも振込キャッシングが可能な場合もあります。
しかしそれ以外の口座の場合、振込キャッシングの申し込みが14時半頃までだったり、土日祝は対応していないこともあります。
さらに、会員サイトを利用するためには別途申し込みが必要で、会員番号やログイン用IDなどをもらうために数日かかるという場合もありますので、急ぎでお金を借りたい方が振込キャッシングをする場合は、しっかり対応時間をチェックしておくようにしましょう。

 

ネットで即日融資可能なキャッシングは。。。